黒字だと思って決算を迎えてみたら赤字だった… その原因になりそうな3つの処理

スポンサードリンク




「な、なんで…赤字??」

黒字だと思って、フタを開けてみたら赤字だった。よく聞く話です。

その原因は、大きな費用について、予防していないことにありました。

毎月数字を確認していたのになぜ…

利益が出ていると思っていても、期末を迎えてみたら実は赤字だったというのは、よく聞く話です。

そうならないように、毎月経理をして、

  • 「利益がどのくらいか」
  • 「お金はどのくらいあるか」
  • 「これからどうする?」など

といったことをチェックすることをおすすめしています。

月次決算でざっくり数字を見るための3つのコツ

2018.04.04

もし「毎月ちゃんと経理をしていた。それで利益が出ていると思っていた。」ということであれば、その毎月の経理処理が足りなかったと言わざるをえません。

11ヶ月目まで利益が出ていたのに、12ヶ月目で赤字になったということは、大きな費用が12ヶ月目に出ているということです。

『12ヶ月目で赤字に転落』の怪

毎月経理で数字を見るにしても、ただ取引したものだけを処理するだけでは足りません。

12ヶ月目、つまり決算月に大きな費用があるとわかっているならば、それを毎月の月次決算に反映させて、より判断しやすくしておく必要があります。

赤字に転落する原因になるもの、例えば、こんなものがあります。

<原因あるある①>減価償却費を期末まで処理していない

これが一番原因としては多いのではないでしょうか?

減価償却費はそれなりに金額が大きいものですが、お金が出ていかないこともあって、処理されていないことも多いです。

11ヶ月目まで減価償却費はゼロで、12ヶ月目で年額を計上すれば…、うーん。赤字になるのも納得。

お金にはなんの影響もないものの、決算書にはかなり影響ありです。

利益が黒字か赤字かでは、大きな違いです。特に金融機関の評価は。

対策としては、減価償却費の1年間の発生額を1/12しておくことです。

年間の減価償却費が120万円なら、毎月10万円ずつ、240万円なら毎月20万円ずつです。

そうすれば、11ヶ月目の時点で、年間の減価償却費の11/12は計上ずみのはず。

少なくともおどろくことはないですし、それまでにできることもあるはず。

使える月次決算にするために インパクトのある費用は毎月に平準化して計上しよう

2016.07.27

<原因あるある②>年払い地代を支払日まで処理していない

大きな費用の支払いが期末にあるという場合、その経費をまとめて支払ったときに処理していると、やっぱり12ヶ月目に赤字になることはあるでしょう。

色々ありますが、例えば土地を賃料を年払いしているとか、保険料を年払いしているとか。

こういったものも、わかっているのであればやっぱり毎月1/12ずつ未払金で処理するとかで経費処理しておくべきでしょう。

  • 『前期の実績を見て大きな費用はどれか?』を探してみる。
  • 前期はなかったけど今期発生する費用で大きなものがある

というのであれば、それを毎月均等に見積もって計上しておくのをおすすめします。

経理のスピードを上げるには 目指すべきはざっくり・毎月同額で

2017.12.08

<原因あるある③>仮払金を処理していない

12ヶ月目になったら赤字になっていた。

よくみると、前月まであった仮払金がなくなっている。

毎月経理しているときには、内容がわからなくてとりあえず仮払金で処理。

決算が近いからあわてて仮払金を正しい科目で処理したという…。

正直、こういうのがあるかぎり、毎月経理して数字を見ているとは言えません。

もちろん、毎月の利益も正しいものとはいえません。

貸借対照表の資産科目をチェックしてみる その資産は本当にお金に変わるもの?

2017.05.24

仮払金があると、雑費と同じように「とりあえずわからないから…」となんでも入れがちです。

「これ何なの?」とその中身を疑われる仮払金、できるだけ使わないようにしておくべきでしょう。

『大きな費用は毎月/12ずつ計上しておく』が正解

何のために毎月経理をするのか?

「仕事は順調か?、どのくらい利益が出ているか?」、「お金はどのくらいあるか?」

数字を見て、これから先の行動を決めるためです。

それが期末にある大きな費用を見積もっていなかったなら、台無しになってしまいます。

大きな費用があるなら、毎月の経理で反映させるようにしましょう。

これは税金の申告をするためではなく、

  • 毎月数字を見て現在地をチェックするために、毎月の数字をより正しい判断ができるものにしておく
  • 初期設定の科目にとらわれず、自分がパッと見てわかるような科目を使う

『勘定科目をどうするか?』問題 自分がわかりやすいものを使う

2018.05.04

 

など、使いやすいようにしておかないと意味がありませんから。

月次決算でざっくり数字を見るための3つのコツ

2018.04.04

経理を税理士に丸投げしない方がいい 依存症の傾向と3つの対策

2018.03.05

より数字を使いやすいものにするために、大きな費用については、毎月1/12ずつ計上しておきましょう。


【編集後記】
昨日はセミナーの資料最終チェックと法人の月次処理など。今朝、amazonで本を買ったのですが、それがさっき届きました。これまでは早くても翌日到着でしたが、当日に届いたのは今回初めてでびっくりです。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
Googleアナリティクス データ保存設定変更


スポンサードリンク