『Macbook Pro、iPad Pro、iPhoneはすべて必要か?』 そんな疑問に回答してみた

スポンサードリンク




Macbook、iPad ProそしてiPhone。3つ必要かなのか?

 

この3つを使い出してほぼ1年。私は必要だと感じています。

自分なりのそれぞれのツールの使い方をまとめてみました。

MacBook Pro×iPad Pro×iPhone

約1年前、自分の使っているPCを買い替え、タブレットを購入しています。

 

13インチ MacBook Proが海を渡ってやってきた ブログ開始1周年で未知との遭遇

2017.05.23

iPad Pro 9.7インチ購入 新型iPadを買わなかったのはApple Pencilを使いたかったから

2017.05.17

Windowsを使っていた人がMacに変えたいのなら知っておいて欲しいこと

2017.05.25

 

PCはWindowsのPCからそれまで使ったことのなかったMacbook Proに。

そして、タブレットはそれまで使っておらず、iPad Pro9.7インチを購入しました。

それに格安SIMにするタイミングで購入したiPhone。

 

格安SIMにしてから1年経ったけど快適に使える キャリアからの変更は大正解だった件  

2017.12.19

 

この3つをメインで使っています。

特にiPadについては「iPadって必要なの?」という疑問の声もあるわけです。(私も過去そう思っていた1人です。)

ただ、1年使ってきて、私にとってiPad Proは必須でした。

Macbook Pro、iPad ProとiPhoneには、それぞれの持ち味があります。

 

それでいてデータ連携ができ、どこからでもアクセスできるというのは便利です。

 

それぞれをどう使い分けているか 私なりの使い方

Macbook ProとiPad Pro、そしてiPhone。

自分なりの使いわけは次のような感じです。

MacBook Pro Retina(13インチ)

仕事のほとんどはMacで処理します。

経理、Excel、ブログ、メールの返信など、多くの処理はMacでやっています。

文章を書くとか、Excelを使う、パワポを使うといったことは、iPhoneはもちろん、iPad Proでもなく、やはりPC、Macです。

大きな画面のデュアルディスプレイもありますし。

BenQ モニター ディスプレイ GC2870H 28インチ 仕事用のディスプレイをもっと大きいサイズに変えてみた

2017.12.28

iPad Pro9.7インチ

iPad Proのよさはやっぱり画面が大きいということ。

iPad Proを買ってから、Kindleでの読書はほとんどiPad Proでするようになりました。(ときどきiPhoneでも)

 

よくやるのは、Apple Pencilを使った資料のチェック。

これはiPhoneやMacにはない使い方で重宝しています。

iPad Proの多様な使い道 読書・デュアルディスプレイ・ペーパーレス・写真

2018.04.09

この数ヶ月も何度これに助けてもらったことか。いくら感謝しても感謝しきれません。

あとは写真をiPad Proで撮ることがあります。子供たちに写真を見せるときは、iPhoneでは画面が小さく、Googleフォトで連携して、もっぱらiPad Proで見てもらっています。

紙の資料はScannableでスキャンしてデータにしていますし、

Evernote Scannable
無料
(2018.05.05時点)
posted with ポチレバ

iPad Pro。ときにはデュアルディスプレイとしても使えます。こんな多様な使い方ができ、iPad Proを購入した価値はありました。

 

iPad Pro9.7インチ ×Mac Duet Displayで外出先でもデュアルディスプレイを実現 

2017.12.20

 

デメリットがあるとすれば、重いこと。

MacとiPad Proを持ち運べば、それなりに重さはあります。

 

ただ、個人的にはそれでも使うメリットがあると感じています。

 

ちなみにiPad Proには、Wi-Fiモデルとセルラーモデルがあります。

どこでも使えるようにするにはセルラーモデルなのですが、iPadの値段も上がり、データ通信のコストもかかります。

一方で、Wi-FiモデルはWi-Fiの環境でのみ通信ができるものです。

とは言っても、常に通信を必要としませんし、Kindleなんかは通信しなくても使えます。

わざわざ通信料をかけるほどでもありません。

 

結果、iPad Proについては、Wi-Fiモデルを選択しています

 

セルラーにしておくべきだったと感じたことはなく、私にはWi-Fiで充分でした。

 

iPhone 7

iPhoneでよく使うのは、メモや写真、それにカレンダーなどです。

「すぐにやらないと…」というものは、基本iPhoneを使っています。

「メモしないと忘れちゃう」アイデアやネタはFastEver2でメモして、翌日、Macでタスク管理につなげています。

FastEver 2
480円
(2018.05.05時点)
posted with ポチレバ

 

また、予定を決めるときは、まずカレンダーに登録といった感じです。

 

KindleはたまにiPhoneで読むこともありますが、ほとんどはiPad Proを使っています。

その他には、よく使うところでは、WordPressアプリ、電車を調べるのに駅すぱーと、現金決済を減らすために、QUICPay、モバイルSuica、スタバアプリ、といったところです。

 

経理の効率化は現金取引をなくすことから始めよう!

2017.02.07

 

ブログやプライベートの写真もiPhoneで撮ることが多いです。

Googleフォトで連携できるので便利です。

 

外出先でネットにつなぐ場合には、テザリングを使ったりします。

テザリングをすると、Dropboxの連携を切らないとデータ通信量が増えて料金が上がってしまいます。

そんな過去の苦い経験から現在はTripmodeを入れて、

テザリングの時に同期しちゃう問題を解決する救世主 「TripMode2」でアプリの通信に「ちょっと待った!」

2017.10.28

さらにDropboxで連携するデータは必要最低限にして、今はほとんどのデータをPCに置かないようにしています。

 

使ってみないとわからない 一度は触ってみる

MacもiPad Proも最初に買うときは、自分に合っているかどうかはわかりませんでした。人にあっているから自分に合うとも限りません。

ある意味賭けみたいなところもありました。

特にこれまでWindowsだったのにMacに変える、使ったことのないタブレットにお金を使うとなればなおさらです。

ただ、それでも買ったのは、Macを使ってみたい。iPad Proを使ってみたいという気になったからです。

で、1年くらい使ってみて、いろいろ使い勝手もよくやっぱり買ってよかったなぁという印象です。

実際に体験できたことも少なくありません。

体験できたこと
  • Macを触ってみる
  • MacでWindowsを使ってみる
  • Retinaディスプレイのキレイさを体感
  • iPad ProでKindleアプリを使ってみる
  • iPad ProでApple Pencilを使う
  • Macオリジナルのツールを使ってみる(プレビューとか)
  • Mac版とWindows版それぞれのアプリやソフトを使い比べてみる

 

失敗することもありますが、こればかりは買って使って、いろいろ試してみないとわかりません。

お金は出て行きますが、経験では確実に大きなプラスです。

気になったら、とにかく一度は触ってみるのがおすすめです。

 

衝撃すぎたRPA WinAutomationでロボットスキルを体感してみてわかったこと 

2018.04.28

 


【編集後記】
昨日は1日オフ。東山動物園に行こうかと早めに家を出たのですが、すでに車がたくさんで駐車場もなく、早々に回避。安城市に飛び、堀内公園へ。思いのほか空いていましたし、そりすべり、汽車、観覧車、とある意味動物園以上に楽しめました。結果オーライですね。(^.^)

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
長男(3)と堀内公園
京都勝牛 イオンモール岡崎


スポンサードリンク