『勘定科目をどうするか?』問題 自分がわかりやすいものを使う

スポンサードリンク




「勘定科目って何にしたらいいんだろ?」というのは、経理をしていればよくある疑問です。

ただ、実際のところ、科目にはほとんど縛りはありません。自分のわかりやすい科目を使うべきです。

「数字を見るため」の科目をつくろう

経理をするときに、意外に戸惑うのが「勘定科目を何にしたらいいのか?」ということ。

間違えたらイヤだからという思いから、気になるのでしょうけど、勘定科目についてのルールというのは、特に法律などでも決められていません。

なので、自分が好きな科目を使えばいいわけです。

税務署は、「同じ利益になっているなら、経費の科目が違っててもまぁ問題ないでしょ」というスタンスです。

補足
法人の場合には、交際費など一定のルールがあるものもあります。

だから、自分で科目をつくったりすることも問題ありません。

せっかく経理をするなら、あとで数字を見るときにわかりやすい科目を使うべきでしょう。

 

例えば、携帯電話代なら、「通信費」じゃなくて、あえて「携帯電話代」という科目があってもいいわけです。

私はITに関係する費用は「IT投資費用」という科目を使っていますし、ブログをやるのに必要なサーバー代やドメイン費用などについては「ブログ運営費」という科目をつくっています。

あとで自分で数字を見たときに、パッと見てわかるようにするためです。

 

決算書にその科目を表示をしたくなければ、決算書の科目も別に設定することもできます。

 

大事なことは、一度使った科目を使い続けることです。

税金の計算のためではなく、自分で数字を見るための科目設定をするべきです。

とはいうものの、最低限やっちゃダメなものも

科目のルールはないとは言っても、一応最低限のルールはあります。

まったく内容の違う科目にする

例えば、得意先の人と食事をしたというなのに、水道光熱費にするとか、研修に行ったのに、消耗品費にするとかいったものです。

「どれにどれだけお金をかけているか?」

あとで、数字を見たときにまったくつかめません。

それでも、税務署は何も言わないでしょうけど。

「資産」「負債」「収益」「費用」の区分を間違えない

勘定科目は、「費用」や「収益」の他にも「資産」や「負債」の科目もあります。

その区分は間違えないようにしましょう。

借入金を返済する場合

例えば、借入金を返済した場合には、こういう仕訳になるのですが、

借方科目借方金額貸方科目貸方金額
借入金100預金110
支払利息10

こういう仕訳や、

借方科目借方金額貸方科目貸方金額
支払利息110預金110

こういう仕訳は間違いになりますのでご注意を。

借方科目借方金額貸方科目貸方金額
借入金110預金110

 

雑費があると「なんでもザッピになりがち」

使うのをおすすめしないのが「雑費」。

いわゆるどの科目にも該当しないような費用を「雑費」して区分することがあります。

ほとんどの会計ソフトにも「雑費」はが初期設定されていますし、損益計算書にも載っているんです。

 

ただ、この「雑費」がけっこうクセモノで、これがあるとなんでも「雑費」入れがちになります

 

ゆえに他のどの科目にも該当しないものが「雑費」であるはずが、他の費用科目より金額が大きくなってしまうことがあります。

そうすると、もはや「雑」といえるレベルじゃなく、他の科目をつくったら?という話です。

あえて「雑費」を使わないことをおすすめするのは、そういう理由からです。

 

雑費にしたくなったら、「他の科目にできないか?」「新しく科目をつくってみる」といったことを検討してみましょう。

まとめ

勘定科目については、法律などで決められたルールはありません。

前述のような最低限のルールを守りつつ、自分が数字を見るときにわかるような科目にしてみましょう。

細かく分けすぎずに一度決めたら、継続して使うことが大事です。

 


【編集後記】
昨日は1日オフ。といってもセミナー資料は少しつくっていました。子供たちの希望で久しぶりにCoCo壱番屋に。キャンペーン広告のシャア専用ザクⅡ、持っているのがスプーンなのにやたらカッコよかったなぁ。^^;

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
CoCo壱番屋 野菜カレー


スポンサードリンク