話す仕事を最初にやった頃を振り返ってみた 準備したこと 本番で意識したこと 

スポンサードリンク




人前で話すことが苦手と思っている人でもセミナー講師はできます。

独立前の話す仕事デビュー ちょっと暗くて本人か怪しいですけど本人です。

初めてセミナー講師をやったときに、意識したことを振り返ってみました。

独立したら「話す仕事」をやった方がいいかも

 

人前で話をすることが苦手だと思っている人でもセミナー講師はできます。

正直、私もその1人でした。「人前で話すのはちょっと・・・」と戦う前から両手を挙げてました。

 

ただ、独立を想定していたので、プレゼンのスキルが重要だと感じ、自分でパワポの勉強をしたり、プレゼンの研修に行って少しでもノウハウを学ぶようにしていました。

 

そんなとき、人前で話す機会が訪れます。

当時、所属していたFPのSG(スタディグループ:勉強会)で講師をやってほしいという依頼があったのです。

(一番最初はTACなのですが、合格体験的な話なので、実質これが初めて。)

 

「独立する前に少しでも人前で話す経験もしておいたほうがいいかも。」

人前で話をするのが苦手だと思っていた男が勇気を振り絞って、約20人の前でいきなり話をすることになったのです。

 

セミナー講師デビュー前に準備したこと

 

そんな中、自分で話下手だと思い込んでいた私が本番に向けて次のようなことを考えました。

どんなことを話すか?

どんなことを話せば、聴く人に伝わるのか?

テーマは相続と決まっていましたが、聞き手はFPの方達です。

 

専門すぎる話はN.Gです。

どんな話を聞きたいのか?

ネタがパッと出てくるものでもありません。

 

そこで思いついたもの、どんなことをやってきたか?自分の経験をWordに書き出しました。

そのときに思いつかなくても、後で思いついたらメモして忘れないようにしました。

 

スライドを作る

 

思いついたことをもとにスライドを作りました。

どこまで作るかという迷いはありましたが、少しでも伝わるようにイラスト、イメージ図をほとんどのページに入れるようにしました。

 

難しくならないよう、できるだけシンプルにしました。

ちなみに字がたくさんあるようなもの、いわゆる「読ませる」ものはNGだと教えてもらっていたので、その辺も意識しながら。

 

余談ですが、使う色もできるだけ3色だけに。

色が多すぎるのも見にくくなるので。

背景は白。これは今でも変わっていません。今後はわかりませんが。

 

体験談

ネタの中には、自分が体験したことを入れました。

一般的な話だけなら誰でも同じ話になりますが、成功談、失敗談などの経験は自分だけのものです。

このときは、相続の話をどう伝えているかとか、そういう話だったかと。

 

練習

リハーサルしました。軽くですが、もちろん、ひとりで。

最近はあまりやりませんが、最初ということもあり、不安の方が大きかったので。

ここでは何を話すか?を身体で覚えるようにしていました。

そのあたりのことはこちらの記事にもまとめてあります。

人前で話せるようになるために私がやってみたこと、意識していること 

2016.06.26

 

セミナー本番で意識してやったこと

 

人前に立つと、意外に緊張しませんでした。

知りあいばかりだからというのもあったのかもしれません。

 

ただ、「いかに飽きさせないか」だけ考えていました。

飽きられてしまうほど、つらいものはないですから。

 

そこで、こんなことを意識していました。今でも人前で話すときにはやっていることです。

 

みんなの顔を見る

 

話す側からすると、誰か1人キーマンを決めてその人に話すようにするといいとはよく言います。

ただ、これをやると、その人しか見なくなるような気がしたので、それよりもとにかく目線を動かすことを意識しました。

 

プレゼンの1日セミナーで教えてもらったのですが、「奥・奥・斜・斜」と目線を動かすといいとのことで、これを極端にならない程度にやってました。

 

ときには笑ってもいなくて、目線もこっちを向いておらず、正面を見ている人も。

「興味ないんかな・・・」と一瞬ビビりますし凹みますが、後で聞いたら実はそうでもなかったということもあります。

あまり気にしない方がいいです。

 

真剣に聞いてくれてるけど、こちらからだと怒っているように見えることもあります。

 

そんなときは「こっち向かせたる!」と逆に燃えますけど。(笑)

 

巻き込む

 

チャンスがあれば、話しかけるようにしています。

話しかけると、より前向きに聞いてくれることも多かったです。

20人とかいたので、全員は無理でしたけど、できるだけやっていました。

 

笑える小ネタ

 

話すときに必ず入れているのが、笑える小ネタ。

ちょっと笑いがあると、場が和みやりやすくなります。

これは笑いが好きかどうかにもよりますけど。

 

あと、ウケなかったらどうしよう・・・というのもありますが、それは仕方ありません。

このデビュー戦ではウケたのでよかったんですけど。

 

まとめ

友人が人前で話をすることになったと聞いて、自分の最初の頃を思い出しながら、書いてみました。

これから「話す仕事」をしたい人には、参考にして頂ければ。

 

去年の12月以降、自分も話す仕事をやっていなかったので、セミナーやります。

前回からだいぶ空いてしまい、先日、ありがたい活(かつ)を入れて頂きましたのでそろそろ。(笑)

5/8(火) 法人メインの税理士のための同族株式入門セミナー

 


【編集後記】
昨日は法人の月次処理。その後セミナー告知の内容修正など。その後、4/1に独立開業した友人の床屋に開業祝いを持って行ってきました。お客さんも結構来ていて上々のデビューのようです。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
台湾旅行のお土産でもらったラーメン(超辛)
友人の店舗

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサードリンク

相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。

スポンサードリンク


5/25 or 6/15 フリーランスのための『わかる!確定申告キックオフ ⚽ セミナー』

確定申告をただ「めんどくさい」とだけ感じるのは、目的を持っていないから。

「何のために?」

目的を知れば、経理をすること、確定申告をすることのイメージは大きく変わります。

そのイメージを変えていただくきっかけとして、「フリーランス向けの確定申告セミナー」を開催することにしました。

確定申告が終わったばかりの今だからこそ、はじめる意味があります。