ひとりのよさは「選べる」こと 人手不足はITやネットでカバーする

スポンサードリンク




独立するならどういうスタイルで仕事をするのか?

どんな道に行くかは自分次第

一度は考えておきたいものです。

独立するときの戸惑い

組織から抜けるなら、「独立する」が選択肢になります。

独立するとそれまでの組織の中の1人から単なるひとりになるわけです。

そして、組織なら誰かがやってくれることも、ひとりでやることになります。

 

そんなわけで独立当初は、環境の大きな変化に戸惑うこともあるかもしれません。

でも、勤務する立場から、自分を商品として、売る立場に変わるわけなので、戸惑いもある意味当たり前です。

戸惑いを抱えているときは、自分自身も変わろうとしているとき。

先がわからないだけに楽しみな部分でもあります。そして、この気持ちは今でも持ち続けています。

 

「組織」と「ひとり」 どっちを選ぶ?

独立するなら、考えておきたいのは自分はどういう道を進むかということ。

実は私自身、独立したときにはブレていました。(なんとなく人を雇いたいとは思わなかったのですが・・・)

いろいろ試行錯誤があって、現在の「ひとり」というポジションを見つけました。

私自身はこの道を見つけるのに1年かかっています。

 

組織の道を行くか?、それともひとりの道を行くか?

特徴としては、組織の強みが人を採用することでの「拡大」「マンパワー」だとしたら、ひとりの最大の特徴は「選べる」ことです。

例えば、次のような項目で比較をしてみます。

  • 場所
  • ソフト
  • PC
  • 休み
  • 仕事
  • 時間

場所

組織なら仕事場所は事務所が前提。在宅勤務という言葉がありますが、現実「自宅で」というのはまだまだ少ないでしょう。

一方でひとりしごとなら、仕事する場所は選びません。

なんなら事務所を借りなくても問題ないわけです。

税務ソフト・PC

税理士で言えば、税務ソフトやPCです。

組織ならソフトやPCは事務所で全員共通。自分だけMacで・・・ってのは難しいでしょうね。

ひとりであれば、明日からsurfaceに、Macにということが簡単にできます。

税務ソフトについては、独立3年目ですが、軌道修正して変えています。

ひとりである私は自分で決めれば決定事項になります。反対派はいません。

休み

組織なら休みは基本的に土日。

平日の空いてる時間で髪をカットに行くのは、有給を使わないとキビシイでしょう。

ひとりであれば、やることさえやっていれば、これは自由です。

独立してから今まで基本は土日休みにしています。

さらに、平日に旅行に行くなどといったことができるのもその魅力です。

明後日から旅に出る予定です。

 

どちらがいいか?ということではなく、どちらが自分にあっているかということです。

そして、私はひとりを選んだわけです。

 

ひとりの弱点をIT、ネットを使ってカバーする

組織であれば、スタッフがいるので仕事の量が多くても、カバーできます。

ひとりしごとなら、スタッフがいないわけですから、ここの対策を考える必要があります。

それをカバーする意味でも、ITやネットを使うことは欠かせません。

例えば、こんなことがあるわけです。いわゆる処理です。

  • 郵送
  • 経理
  • 申告
  • 振込

これを1つずつ手作業でやっていたら、時間は足りません。

独立してから自分の仕事を効率化する意味でも、できるだけネットでやる方法を探すようになりました。

郵便を出すならWeb郵便を使い、申告はもちろん電子申告。

振込や納税はネットバンクやクレジットカードで。

これで郵便を出す時間、銀行に行く時間を減らしています。

そのスキマ時間で、読書したり、ブログを書いたりと自分のこともできます。

これも自分としては、重視している点です。

 

独立して時間の使い方はより考えるようになりました。

時間を考えても、独立するなら、特にひとりしごとをするには、ITやネットの利用は欠かせないものです。

ひとりしごとをするなら、ITやネットの利用を検討してみましょう。

 


【編集後記】
昨日は1日オフ。久しぶりに栄・丸の内方面に行きました。ビジネス街になると飲食店はほとんどやっていません。地域性があって面白いなと、普通なら日曜日は営業でしょうから。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
やよい軒


スポンサードリンク




相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。