売上や経費モレをなくすにはできるだけ通帳を経由させるべし

スポンサードリンク




取引をもらさないコツは通帳をできるだけ使うこと。

預金を経由するのを勧めるわけを説明します。

できるだけ通帳を通すようにしています。

現金取引 そのデメリットは?

 

フリーランス、年間でそれなりの取引をします。もちろん会社でも。

売掛金の入金や経費の支払いなど、預金を通して取引するものもあれば、現金で取引するものもあります。

 

私自身、意識しているのは、現金取引はなるべくしないということ。

現金で取引しないとダメなものは仕方ありませんが、できるだけ通帳を経由する取引に変えています。

 

現金で取引することのデメリットの1つは、預金に比べて計上モレする可能性があるということです。

領収書を失くしてしまうと、記憶からも消えて、経理ができなくなってしまいます。

そんなことからも現金取引はできるだけ減らすべきでしょう。

経理を理由に現金取引を減らしてみる キャッシュレスの世界はもうそこまで来ている

2018.03.06

預金を経由する取引がおすすめ

 

現金取引を減らし、預金を経由するのがおすすめです。

預金を通すことで振込みであれば「あれ、これは何の支払いだっけ?」と気づくことができます。

いったん、記憶から消えていても何とかなります。

 

さらに、クレジットカードや電子マネーといったものとデータ連携していれば、取引自体を忘れる可能性も低くなります。

例えば、個人事業税や償却資産税といったもの、納付書払いをしていては、モレる可能性も否定できません。

個人事業税、1回目の納付は入力されているけど、2回目の納付が入力されてないとか。

以前は納付書中心だった税金関係にも様々な支払い方法が用意されています。

一例として

  • ネットバンク
  • クレジットカード
  • 振替納税(口座振替)

納付書を銀行に持ち込む必要はどれもありません。

さらに選択することで、預金を通すことになり計上ミスの可能性を下げてくれます。

個人事業税をクレジットカードで支払いたい人のための納付マニュアル

2017.11.12

ネットバンクで個人事業税を納付してみた 時間の効率化には必要

2016.08.17

売上の入金も預金を経由させる

 

売上代金を現金でもらっているケースもありますが、これも預金を経由させるのがおすすめです。

現金でもらうと、

  • 財布に入り、プライベートのお金と一緒になり、利益からお金が増えていると感じにくい。
  • 印紙税を気にしないといけない(さらに消印も)
  • 現金でもらったものを預金に入れてわかるようにするとしても、「お金をもらう→銀行に預ける」で2アクション必要

など、手間もかかります。

振込みにしてもらえば、これらの問題はありません。

通帳に入金されれば、利益とお金のつながりを感じることができます。

【フリーランス向け】 順調かどうかを預金残高でざっくり見るためにやっていること

2018.02.26

さらに回収の確実性を上げるためにはクレジット決済や口座振替にするのも1つです。

これは好みがあるでしょうけど、私はどちらも利用しています。

どちらも手数料がかかるのがデメリットですが、特に口座振替は予定通りに入金がなかった場合のストレスから少しでも解放されるなら、と考えています。

 

預金を経由することで、計上モレも減り、経理も楽にすることができます。

現金取引が多くて、わずらわしいと感じているなら、少しずつでも預金を経由する取引に変えてみるのもおすすめです。

 


【編集後記】
昨日はお客様訪問。長男(3)もかなり話せるようになってきました。あと数週間で幼稚園です。成長を実感しますね。^^;

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
長男(3)と、一緒にとあるところへいく


スポンサードリンク