現金を手渡しで贈与したらバレないのか?

スポンサードリンク




現金を手渡しで贈与したらバレないでしょ??

現金で引き出して贈与したらバレない??

そんな気持ちが思わぬヤケドを引き起こすことも・・・。

贈与するなら不動産より現金がおすすめ

相続税対策の1つである生前贈与。

何もしなければ、相続財産になるけど、生前に贈与をすれば、相続財産になるものを生前に移転できるわけです。

生前に贈与する財産として、代表的なものは現金。

不動産に比べて、移転の手続きは不要、不動産取得税などの移転コストがかからないので贈与しやすい。

で、相続税が多ければ、財産の移転スピードを早くするために、あえて贈与税を払って移転することもあります。

相続税の税率よりも低い税率で贈与をすることで、結果、節税になるわけです。

贈与をするならできるだけ年の早いうちがいい 生前贈与加算というブーメラン

2017.03.15

でも、「贈与税を払わないといけない。」

このことがある気持ちの揺れを引き起こします。

手渡しで贈与したらバレない??

「現金で引き出せば、バレないんでしょ?」

被相続人である父親が通帳から現金を引き出して、その現金を子どもに渡すということです。

で、110万円を超えて贈与していても、贈与税の申告もしないし、贈与税も払わない・・・。

確かに現金で引き出せば、振込みのように、摘要欄に振込先も記載されないため、何のために出したかはわかりません。

相続のときになって、通帳を見ても何のために出金したかはわかりません。

生活費で出したのかもしれないですし・・・。

でも、その後に何回かに分けて現金で子どもの口座に預けられていれば・・・。

スクリーンショット 2018 02 13 21 47 15

まぁ税務署には気づかれるでしょうね。

こんな大きな金額でなかったとしても、もっと細かい金額で入金があったとしても、引き出し日に近い日付で子どもの通帳に入金があれば、税務署はこう考えるわけです。

「このお金はどこから出てきたお金??」

通帳を捨てたとしても、税務署は金融機関に照会かけることもできますからね。

現金を贈与するなら振込みで

このお金、贈与税の申告もしていなくて、相続税の申告書にも載っていないとなると、「意図的に隠した」とされて、通常の税金にプラスして、罰金を払わないといけない可能性だってあります。

で、そんなのが1つでもあれば、「ほかにもあるんじゃ・・・?」と疑いたくなるのが税務署。

さらに過去にさかのぼって、通帳の入出金をチェックされること間違いなしです。

そうならないためには、やっぱり通帳から振込み、税金が出るなら贈与税の申告をしておくことです。

そして、あげる人と、もらう人とで贈与契約書を交わしておくのも、面倒かもしれませんが、忘れずにやっておきましょう。


【編集後記】
昨日も1日セミナーに参加。夜も懇親会に参加し、新たな出会いもあり楽しめました。子どもたちと遊ぶ時間がなかったのは、ちょっと残念ですが。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
メルパルク パルケ・ミエール


スポンサードリンク