ブログでやってみる自分を出していくことの練習 

スポンサードリンク




自分を知ってもらうためのツール

その1つとしてブログを選んでいます。

ブログで「非公開」から「公開」へ

ブログを始めて、よかったと思えることの1つは、自分を出せるようになったこと。

知っている人に、自分がどんな考えをもっていて、どんなことをしてきたかを伝えることは何の問題もなくできる。

でも、同じことをたくさんの人の前で話すとなると、途端にハードルが上がります。

ましてや知らない人には・・・。

私もそのひとりでした。

特に独立する前の私は人前で話をすることも、ほとんどなく1回くらいだったかと。

そして、ネットに自分の顔はもちろん、自分自身を出すことにも、相当な抵抗感があったことも事実。

フリーランスとして、仕事をする人間としてはホントあり得ないことです。

そんな自分が初めて会う人にも、会ったことのない人にも自分の経験や考えを伝えることができるようになりました。

「ネタになれば、笑ってもらえればいいや」と。

これも自分が考えていること、やったことをブログで毎日出し続けたからです。

何回か投稿してみると、面白いもので馴れてくるものです。

伝えないと損 その経験がネタになる

ブログを始めると、こんなジレンマにおそわれます。

誰かの役に立ちたいと思っていても、いざ投稿するとなると、けっこう迷いも出てきます。

「自分の投稿を誰がみるんだろ?」

「自分の経験が誰かの役に立つの?」

「こんなのネタにならないんじゃないの?」

でも、毎日投稿することで、自分の考えを出すことをブログに投稿し続けたことで、この不安はなくなりました。

 

その経験、そのキャラが誰かの役に立つ

ネタバラシをすると。今回の記事は、ある方に向けて書いています。

話をしてすごくエネルギーをもらいましたし、楽しませていただきました。

何よりもすごくネタになる経験もたくさんあって、正直うらましすぎです。

自分の経験は他の誰もが持っていないもの。

その誰にもない経験を伝える、キャラを出すことで、

誰かのはじめの一歩に貢献できるかもしれませんし、どこかの誰かが元気になってくれるかも知れません。

でも、出さないと「誰かの役に立ちたい」という思いは叶いません。

自分だけの経験、伝えないと損ですし、伝えることで生まれることもたくさんあります。

私の場合には、そのためのツールとしてブログを選んでいます。


【編集後記】
昨日も朝から1日、講座2日目。受講したあと、久しぶりに家族ですすきの亭にいく予定にしていましたが、とある理由で行けず。久しぶりに食べられると思っていただけに残念です。(汗

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
フォトリーディング修了証
鍵のネックレス


スポンサードリンク