経理をラクに変えるコツは「めんどくさい」と感じるかどうか?

スポンサードリンク




経理をラクに変える1つのコツは、めんどくさいと感じるかどうかと思っています。

経理をラクにするにはめんどくさいと思うことから

めんどくさいと思わないと変えようと思わないからです。

めんどくさい経理

めんどくさいと思われる傾向が強い経理。

  • 預金の入力がめんどくさい
  • 領収書の入力がめんどくさい
  • クレジットカード払いの経理がめんどくさい

こんな感じでめんどくさいことは山ほどあります。

正直、私もこれを全部入力するというなら、めんどくさい・・・。

めんどくさいというと、マイナスなイメージで捉えられがちですが、めんどくさいと思えないと「変えなきゃ」、「変えたい」とは思えません。

このめんどくさいと思えるかどうかが大事だと思っています。

めんどくさいを減らす

経理はめんどくさいものの、税金のためだけじゃなく、数字を見てどう行動するかを決めるためにも大事なことです。

やらなきゃいけないことなら、このめんどくさいことを減らすようにします。

預金の入力がめんどくさい

預金の仕訳を通帳を見ながら入力するというのでは大変ですし、残高が合わないと「どこだろ?どこだろ?」と探すのにも時間がかかります。

ネットバンクを使えるようにして、取引データを集めるようにすれば、「残高があわない」ということはなくなります。

また、振込みや税金の支払いもネットでできるようになるため、銀行に行って並ぶ時間もなくなります。

自動車税を銀行に行かないでインターネットバンキングで払ってみよう

2017.05.11

ネットバンクで個人事業税を納付してみた 時間の効率化には必要

2016.08.17

源泉所得税の納付をインターネットバンキングでやってみた 金融機関で順番待ちをしたくない方へ

2016.06.13

よく不安に思われるのは、セキュリティのこと。

【スポンサードリンク】



100%安全とは言い切れませんが、毎回変わるワンタイムパスワードを使っている銀行も多く、よっぽど安全でしょう。

むしろ、導入すると時間的な効果は相当高くなります。

もし、ネットバンクの手数料がかかったとしても、導入する価値はあります。

領収書の入力がめんどくさい

領収書をゼロにできれば、言うことありませんが、現金のみのお店もあり現実的には難しいです。

でも現金取引をできるだけ減らすことは可能です。

現金で支払うところで、クレジットカードを使ってみる、電子マネーを使ってみるといったことで現金取引を減らすことができます。

経理の効率化は現金取引をなくすことから始めよう!

2017.02.07

初めて使うときはなれなくて「大丈夫かな??」と思うかもしれませんが、一度使ってみれば、そんなに難しいものではありません。

カード払いの経理がめんどくさい

クレジットカードは、紙で届く明細を待っていると、なかなか月次に反映できません。

そこで、クレジットカードの明細をデータで取得する方法を検討します。

ETCなどデータ取得に時間がある程度かかるものもありますが、カード払いの明細が届くのをいつまでも待っていることに比べれば、より精度の高い月次管理ができますし、データ連携で入力はなくなります。

ちなみに、クレジットカードはカード払いの明細だけがあってもダメで、購入したときの領収書は保存が必要です。

その他、入金管理で口座振替を使ってみるとか、売上は請求書ソフトでータ連携するなど、現在の取引をできるだけデータ化できないか考えてみることです。

それによって、「めんどくさい」は減るはずです。

数字を見る時間をつくる

大事なのは、めんどくさいと思った結果、減った処理の時間で数字を見ることです。

経理をするのは、自分のしごとが順調かどうか、問題がないかを数字で見るため。

数字で見るからこそわかることもあります。

税金の計算だけを目的にしてはいけません。もったいないです。

今の仕事を見直してみて、面倒だと思うものがないかを考えてみましょう。

めんどくさいものがあれば、その仕事はきっと楽にできる仕事のはずです。


【編集後記】
昨日は新規開拓したカフェでブログを。落ち着けていいところを見つけました。その後はお客様訪問。とあることがあって、今期どうしていくかを改めて検討しました。
【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
タイガーカフェ

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサードリンク

名古屋市天白区の植村豪税理士事務所 大府市在住の税理士です

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」という中小企業の社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。

スポンサードリンク