どちらの道を進むかは「直感」で決めてきた そうしてたどり着いた現在

スポンサードリンク




直感を大事にしています。

直感、いざという時には頼りになる

直感に従って行動してきたこともが多いです。

直感に頼ってみる!

直感。

コトバンクにはこう書いてあります。

推理・考察などによるのでなく、感覚によって物事をとらえること。

これまでの自分の行動を振り返っても、この直感で決めていることは多いです。

直感を信じて、行動してみると、案外うまくいくことも多いですし、逆に明確な理由を持って行動できることは、実はそんなに多くありません。

それだけに直感を頼りにしています。

直感で決めてきた人生

これまでの自分の行動を振り返っても、迷いもありましたが、最後は直感で決めていることが多いです。

どれだけ考えてもハッキリとした答えなんて出てきません。

明確な根拠を持って、判断できることの方が少ないのではないでしょうか。

結果、最後は「なんとなく」の直感で決め、行動してきました。

直感で東京へ

会社員時代、「東京に来ないか?」と言われ・・・。

慣れた名古屋から引越しして、東京で働くというのは、初の体験。

迷いましたが、なんとなく東京で仕事するというのも、いい経験かなとは思い、最後は直感でした。

そのさきが見えていない以上、細かいことは、考えていませんでした。(笑)

直感で会社を退職

直感で会社を退職しています。ここが辞めどきかなと。

次の道は転職か、専念かという選択肢がありましたが、これも直感で専念を選択しています。

結果、税理士試験にも合格できたので、よかったですが。

直感で独立

税理士の登録をしてから、約6年、勤務を続けていました。

独立した後の「やっていけるか?」という不安もあったものの。

平成27年6月、そのタイミングで独立することを決めたのはまさに直感。

独立後の世界は、独立しないと見えてきませんから。

違ったら軌道修正すればいい

直感で行動して、しばらくすると、「あ、なんか違ったかも・・・」と思うこともあります。

そんなときは、またそこから軌道修正をすればいいと思うのです。

独立当初、事務所に必要だと思い、なんとなく電話やFAXを契約したり、税務申告ソフトを契約しました。

その後、現状を見直しして、必要がないものだと気づけば、「あ、違うかも・・・」と固定電話やFAXもなくしました。

自分の考えは時間が経つと、変わってくることもあります。

そんな時にどこで、どう軌道修正するかというのも、やはり直感を重視しています。

やりたいことがあるなら、「直感」で行動も悪くありません。軌道修正も自由です。


【編集後記】
昨日は朝から健康診断へ。平日朝8:30からなので空いていました。バリウム、味が嫌いでしたが、前に比べたら飲みやすくなったような気がしたけど…。^^;

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
じゃぱりまん

スポンサードリンク







相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。