Duet DisplayでMac × iPad Pro9.7インチ 外出先でもデュアルディスプレイを実現 

スポンサードリンク




iPadをMacのディスプレイとして使うことができます。

iPadがあるならDuet Displayを使ってみるのはおすすめです。

iPad Pro 9.7インチでデュアルディスプレイ

独立してからデュアルディスプレイで仕事をするようになりました。

MacBook ProとiPad Proそしてデュアルディスプレイ 3種の神器はもう手放せない 

2017.11.16

ディスプレイが2つあることで、PDFファイルを見ながら、入力したりすることもできます。

また私はMacに仮想環境をつくって、Windowsを使っています。

Windowsを使っていた人がMacに変えたいのなら知っておいて欲しいこと

2017.05.25

なので、一方でWindowsの画面を表示させて、もう一方ではMacを表示させることもできます。

部屋ならディスプレイがあり、こういった処理ができるものの、さすがに外には持ち出せません。

でも、Duet Displayを使えば、iPadを利用して、外出先でもデュアルディスプレイを実現することができます。

Duet Displayを使えば仕事のスタイルも変わる

Duet Displayを使えば、外出先でもデュアルディスプレイを使うことができます。

税制改正大綱をiPad Proに表示させながらブログの記事を書いたり。

9.7インチだと画面は通常のディスプレイに比べれば小さく感じますし、解像度もPCに比べると落ちますが、外出用としては充分です。

Appleで買った、こういった形でスタンド型にもできるカバーを使っています。iPad Proの方は画面をタッチして、動かすこともできます。

さらにミラーリンク(2つの画面に同じものを表示させる)にすることもできます。

Macならアイコンをクリックし、「詳細な設定」をクリックし、

この画面で「画面を複製する」にチェックを入れるだけです。 こうすれば、お客様との打ち合わせ時に、自分のPCと同じ画面を共有してプレゼンすることもできます。

【スポンサードリンク】



これで無線でつなげればいいのですが、現状は有線です。

iPhoneやiPadのUSBライトニングケーブルでPCとiPadをつなぎます。MacBook ProならUSB-Cのため、さらにこういった接続端子が必要です。

HDMI端子付きなら、こういったものです。

Duet Displayを使うには

Duet DisplayはMacだけでなく、Windowsでも使うことができます。

iPadでなくても、iPhoneでも。ただ画面が小さく実用的ではありません。iPadがおすすめです。

使うには、次のような準備が必要です。

  • PCにアプリをインストールする
  • iPadにアプリをインストールする

PCのアプリは無料ですが、iPadのアプリは有料です。

PCにDuet Displayをインストールするなら、こちらのサイトからダウンロードしてみましょう。無料です。

Duet Display – Ex-Apple Engineers Turn Your iPad Into An Extra Display

一方で、iPadアプリは有料です。通常なら1,800円です。時々1,200円で売られることがあり、現在はその期間のようです。

Duet Display
1,200円
(2017.12.20時点)
posted with ポチレバ

両方にアプリをダウンロードしたら、ケーブルで接続して、iPad側のアプリを起動するだけです。

私も使って仕事での活用の幅が広がったと感じています。やってみる価値ありです。

新しい仕事のやり方を見つけることができるかもしれません。


【編集後記】
昨日は相続コンサル。その後に法人のお客様訪問。小規模企業共済の引落し口座を変更しようとHPを確認していたら、FAXで資料請求のみ。やめたよFAXは…。で、お問合せフォームから書類請求メールをしました。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
楽天ETCカード

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサードリンク

名古屋市天白区の植村豪税理士事務所 大府市在住の税理士です

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」という中小企業の社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。

スポンサードリンク