ブログを続けるために「毎日誰か1人に届けばいい」と考える 

スポンサードリンク




ブログを毎日書くのは、伝えるためでもあり、自分を磨くためでもあります。

ブログを書くのは大変だけどメリットもある

最近はあまり深く考えずに「誰か1人に届けばいい」と思うようにしています。

毎日ブログを更新する

今日で550日目

毎日ブログを書いていますが、毎日はとてもおすすめできるものではありません。

500日間記事を書いてきて言えること「毎日更新はおすすめしない」 それでも続けようと思える5つの理由

2017.10.06

その日の記事を書いても、翌日には新しい記事を書くことになりますし、

どこに行くにもついてくるのが記事の更新。

たとえお正月でもです。

ブログネタも毎日必要になります。

ネタがなくて書けないとなるのは、自分で勝手に「これはネタにならないや。」と線引きしているから。

とくに書き始めの頃は。「こんなのみんな知ってるしな」とか「これ書いて誰が見るんだろ?」と無意識で考えていることもありました。

今もそれとは戦っていますが…。

ただ、ネタがないと思わないように、考えていることがあります。

それは「1人だけにでも届けばいい」ということです。

1人だけにでも届けばいい

「今日は何を書くか?」

毎日ネタ

昨日の記事はMacネタです。

Macランチャーアプリ『Alfred』で効率化へ3歩前進 ゲームメイクの起点は検索窓から

2017.11.25

環境を変えれば見える景色も変わる PCをWindowsからMacにして変わったこと

2017.11.08

Macに何の興味もない人には、読んでいただけない可能性があります。

あとは、毎朝やっているタイピングの記事もそういう意味ではみんなに届く記事ではないでしょう。

タイピング練習のスタートから2ヶ月 ハードルはそれなりに高いけど確実にレベルアップできている

2017.09.27

「あ、タイトル見たら今日のはスルーでいいか。」と。

それでも自分の体験したことのなかに、誰か1人にでも役に立てることはあるかもしれません。

「そんなの知ってるし興味ないや」

「これなら俺の方が全然やれてるけど。」

という声もあるのでしょうけど、

その一方で、

「Macでこんなことできるんだ〜」

「タイピングやってみようかな?」

と思って頂ける方が1人でもいるのであれば、ネタにしてみる価値はあると思っています。

ブログを書きつづけて5つのチカラを磨く

ブログを書くのは、大変ですが、やらないかったらわからない未体験な世界もたくさんあります。

続けるチカラ

ブログを毎日更新することで、続けるチカラは確実につきます。

更新がピンチだと思っても、継続できているのは、一度更新しなくなったらもうやらなくなるなという自分の弱さを知っているからです。

考えるチカラ

その日に何を書くか、どういった構成で書くか、ブログを書いていなければ使っていないであろう考える時間があります。

ブログを書くと考えないわけにはいかなくなります。

つながるチカラ

ブログを毎日更新していれば、色々つながることもありますし、仕事につながることもあります。

自主開催セミナーをやることになったのもつながりがあったからです。

書くチカラ

ブログを書き始めて、書くことの難しさを感じています。

毎日書くことで書くチカラを磨いている最中です。

まとめ

ブログの毎日更新は大変なのですが、続けるメリットも多いです。

誰か1人にでも伝わればいいと思っています。

毎日ゼロと毎日+1では大きな違いでしょう。


【編集後記】
昨日は午前中にセミナー資料の作成を。そのあとは家族で外出。今日で9歳になった長女の誕生日プレゼントを1日前に買いに行ったりしました。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
インプレッサ運転

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサードリンク

相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。

スポンサードリンク


5/25 or 6/15 フリーランスのための『わかる!確定申告キックオフ ⚽ セミナー』

確定申告をただ「めんどくさい」とだけ感じるのは、目的を持っていないから。

「何のために?」

目的を知れば、経理をすること、確定申告をすることのイメージは大きく変わります。

そのイメージを変えていただくきっかけとして、「フリーランス向けの確定申告セミナー」を開催することにしました。

確定申告が終わったばかりの今だからこそ、はじめる意味があります。