ドコモ→格安SIM 今までのiPhoneを使い続けて楽天モバイルという選択

スポンサードリンク




スマホを楽天モバイルに変更手続きしました。

楽天モバイルという選択

楽天カードをお持ちなら、楽天モバイルを選択肢に入れてみるのはどうでしょう。

ドコモから楽天モバイルに

楽天モバイルに変更しました。

今回、変更したのは、妻の使っているiPhone6。

これまでも料金すごい高いわけではなかったのですが、解約手数料がかからない月になったので、よりおトクな格安SIMに変更することに。

私と違ってデータ通信をたくさん使うわけでもないし、こういうことには詳しくないので、私が当然のように検討するわけです。

自分がメインで検討すれば、新しいことを発見できますし、こうしてネタにもなります。

ちなみに私の使っているiPhone7も1年前に格安SIMに変更しています。FREETELに。

格安SIMに乗り換えしてみた iPhoneをSIMフリーで購入しFREETELで契約

2016.11.06

今回、契約を見直しするにあたって、いくつかの会社のプランも見てみました。

私がFREETELに変更した頃からも色々変わっているでしょうし。

と言いつつ調べてみたものの、正直どれも同じような料金、サービス。

いろいろ考えて最終的に楽天モバイルを選択。

ちなみに自分のも見直ししてみましたが、私には現状、FREETELの方があっていました。利用料金も使い方も。

そのFREETEL、楽天に買収されたようですし、サービスどうなるんだろ?ちょっと様子見です。

「何をいいと思うのか?」は人それぞれ

キャリア変更、それなりに大変です。

正直、サービスなんて調べればいくらでも出てくるし、キリがありません。

結局、何をいいと思うかでしょう。

iPhone6をそのまま使える

1つは今のiPhone6をそのまま使えるということ。

ドコモ→楽天モバイルならSIMロック解除が不要です。つまり、そのまま今のiPhone6を使えるということ。

新しいスマホを使うことに魅力を感じていない人には、これはメリットでしょう。

楽天ポイント

もう1つはポイントです。

プランがどこも同じようなものであれば、こういった点が比較対象に。

我が家もそこそこの楽天ユーザー。

ポイントに+1倍されるというのはそれなりに魅力です。

楽天カードで料金を決済すれば、ポイントも他のカードより貯まりやすいですし。

 

結果、1,500円くらいの料金になりそうで、これで充分です。

こういったサービスはキリがなくて面倒ですし、それ以上に時間が大事なので。

負担感のない範囲内でできました。

縛られないために捨てたもの

今回重視したことは、将来のこと。

つまり2年目以降の約束はしないということです。

2年、3年と複数年契約すれば、ポイントをもらえるというのもありましたが、そこには契約解除料がついて回ります。

1年経っていれば、また新しいサービスが出ていることもありますし、使い勝手が思ったよりよくなかったということもあるかもしれません。

目先のお金よりも、より動けるようにしておきたいということです。

フリーランスとして独立するなら 仕事のスタイルは変わるものだと思っておいたほうがいい

2017.09.01

私が今契約しているFREETELも解約手数料が発生しないものです。

「○年縛り」は携帯電話会社の時に懲りましたから・・・。^^;


【編集後記】
昨日は朝に仕事をして、長女(8)が発表会の振替休日だったので、予定通りIKEAへ。家族で平日に出かけることができる貴重な日でしたから。その後は楽天モバイル手続きとブログ更新を。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
IKEA長久手
楽天モバイル

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサードリンク

相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。

スポンサードリンク


5/25 or 6/15 フリーランスのための『わかる!確定申告キックオフ ⚽ セミナー』

確定申告をただ「めんどくさい」とだけ感じるのは、目的を持っていないから。

「何のために?」

目的を知れば、経理をすること、確定申告をすることのイメージは大きく変わります。

そのイメージを変えていただくきっかけとして、「フリーランス向けの確定申告セミナー」を開催することにしました。

確定申告が終わったばかりの今だからこそ、はじめる意味があります。