ブログに写真を載せる効果 自分が見たり感じたことをそのまま伝えることができる 

スポンサードリンク




自分が見たこと、感じたことを伝えるのに、ブログを活用するのはおすすめです。

ひるがの高原SAからの景色

ブログを使って写真で伝えるということです。

ブログの写真で行動が変わる

ブログを毎日書いていると必要になるのが写真。

やっぱりプレゼンの資料などでもそうですけど、字だけのものよりも、写真があるだけで見た目も変わり、かなり読む気が起きるのは事実。

自分が他の人のブログを読むときにもそう感じます。

だから、自分が記事を書くときにも、必ず写真を入れるようにしています。

で、ブログを毎日更新する以上、写真の枚数もそれなりに必要。

結果、外出したときの行動パターンも変わるわけです。

自分が見ているものを伝える

通常、写真を撮るといえば、誰かと一緒に・・・というような人物写真がほとんどなんでしょうけど。

風景写真を撮ることが増えました。これもブログに使うためです。

外出したり、旅行に行った先でもいろいろ写真を撮ることも。

これは昨日の昼に行った高山にある中華そばのお店の写真ですが、この写真からでもネタになりそうなことは色々あります。

中華そばの記事に使うこともできますし、行列を表現したい場合でもいいですし、隣が自宅のようなので、自宅兼店舗として税務ネタで使うのもありでしょう。

これと同じ写真で角度が違うものも撮っていたりもします。

写真を撮ることで、自分の記憶にも残りますし、自分が見ていた景色を記事を見ている方にも同じように見てもらうことができます。

わかりやすくするためには、やっぱり写真を使うことは欠かせません。

伝える写真を上手に撮れるように・・・

こんな感じで日々写真を撮っているので、「写真を上手に撮れるようになりたい」という気持ちも出てきます。

これもブログを更新することでの効果ですね。

iPhoneやiPadで写真を撮るのですが、最近のものは性能がすごくいいとのことです。

以前にAppleにもiPhoneでの写真の撮り方を学びに行ってます。

Apple StoreのToday at Appleで楽しく学んでみるのもおすすめ 知らない世界が待っているかも

2017.09.17

時間が1時間だけに、学べたことは限定的ですが、それでも使えるネタはありました。

iPhoneで撮る写真をレベルアップさせたい人にはグリッドがおすすめ

2017.09.20

よりよく伝えようとすれば、写真を上手に活用するというのはありでしょう。

ブログはその写真を見てもらうツールとしては、いいと感じています。

自分の記録としての写真だけでなく、自分が見たこと、感じたことを見てもらうような写真を撮っておくこともおすすめです。


【編集後記】
昨日は朝から高山へ。高山といえば中華そば。昨日食べてみて改めて中華そばとラーメンは別だと感じました。麺はちぢれ麺でよかったです。まぁ、どちらかといえばラーメンの方が好きですけど。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
長良川SA(下り)
まさごそば
深山荘
奥飛騨ガーデンホテル焼岳
radico プレミアム

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサードリンク

相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。

スポンサードリンク


5/25 or 6/15 フリーランスのための『わかる!確定申告キックオフ ⚽ セミナー』

確定申告をただ「めんどくさい」とだけ感じるのは、目的を持っていないから。

「何のために?」

目的を知れば、経理をすること、確定申告をすることのイメージは大きく変わります。

そのイメージを変えていただくきっかけとして、「フリーランス向けの確定申告セミナー」を開催することにしました。

確定申告が終わったばかりの今だからこそ、はじめる意味があります。