サービスの後出しジャンケンはやめるべき 疑われるような仕事はしない

スポンサードリンク




とあるサービスを契約しました。

後出しじゃんけん。写真じゃわかりませんね・・・。笑

が、待っていたのはサービスの後出しじゃんけんでした。

とあるサービスに見た後出しじゃんけん

8月にとあるサービスを有料契約しました。

キャンペーンで8月末までに申し込みをして、年払いすれば半額でいいというもの。

サービス自体はそれまで利用してて使いやすかったですし、まぁ仕方ないかなと。

クレジットカードでとりあえず決済。

そのおよそ2ヶ月後。「姉さん事件ですっ。」

たまたまそのサービスのHPを見に行ったら、こう書かれていました。

「今なら、”初年度無償”キャンペーン実施中!」

つまりこういうことです。

今回食らった後出しジャンケン

8月に契約したワタシ ・・・  年額を支払い

これから契約するヒト ・・・  1年間無料

金額は数千円のことですが、問題は金額じゃありません。

この事実には、「むむむむむむむむ・・・・。」と言うしかありません。(笑)

顧客目線のサービスかどうか

で、この事実に衝撃を受けたワタシはすかさずメールしたのです。

しかし、帰ってきた答えは、簡単に言えば「バランスを取るために1年目は有料、2年目を無料にします。」というもの。

現行と足並み揃えて欲しかったので「返金してっ!」とお願いしましたが、「社内で決まったことなので・・・」という返信。

一方的にメールを送ってきて、社内事情を押し付けられ。顧客の気持ちを考えているのでしょうか?

こちらが2年目使うとは決めてないのに、2年目を勝手に決められてしまいました。

これじゃあ、まるで2年縛り。

格安SIMにして、2年縛りから解放されたのに、またこのワードを使うことがあるとは・・・。(笑)

格安SIMに乗り換えしてみた iPhoneをSIMフリーで購入しFREETELで契約

2016.11.06

まぁ、「こう言うこともあるんっすね」という。これも一つの勉強です。

大金ではないですし、キャンペーンに乗った自分にも落ち度はあるでしょうから。

ただ、やり方はイケてません・・・。

疑われるような仕事はしない

今回のことで学んだこと。それは疑われるようなサービスはしないということ。

サービス自体はいいなぁと思っていたのに、心証はたった一つのことで変わってしまいます。

(ユーザーの1人と言う立場なので、私が3年目に継続してようがしていまいが、痛くもかゆくもないでしょうけど。)

自分のサービスも「是非買ってください!」と押し売りはしませんし、「今なら・・・」として後の人が「無料」なんていう不釣り合いなサービスはもちろんする気もありません。

お客様に失礼ですし、疑われてしまいます。

  • 気に入ったら買っていただく
  • 気に入らなければ買わない

この仕事をしていると、お客様からいろんな話を伺いますし、信用されてナンボです。

自分自身のサービス提供を振り返るいい機会にはなりました。

営業のやり方は考える必要ありますね。


【編集後記】
昨日は消費税改正の説明会で話を聞いてきました。いろいろ大きく変わる予定ですが、現場の取り扱い、経理処理はやっぱり大変そうだなぁという印象。その後は法人の月次処理とセミナー資料作成を。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
1人でのセミナー告知
HPにランディングページ作成

 

スポンサードリンク







相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。