「やらないことリスト」でタバコのある世界から逃げて逃げて逃げまくる!

スポンサードリンク




昔からタバコの煙が苦手です。

禁煙のカフェでこれからブログを書くところ。

タバコがあれば、そこからは逃げるようにしています。

子供時代のトラウマ

苦手なものがいくつかあります。

その1つがタバコ。

父親が私が小さい頃からタバコを吸っていました。そのトラウマがあるのでしょう。

タバコのある世界には結構苦しめられました。

今でこそ、家庭内喫煙なんて言葉も聞きますし、換気扇の前で吸うとか、歩きタバコをしないなどといったルールも定着しつつありますが、子どもの頃はそうでもなかったわけです。

部屋の中で吸っていたりして、家の壁紙も黄色くなってしまってましたし、車の中でも窓を開けているとはいえ、匂いはあるので車に乗ると毎回気持ち悪くなっていました。

自分が将来運転するときには、「こんなに気持ち悪くなるなら、絶対タバコは吸わない」と子どもながら決意したのです。

そんな父親も10年以上前に健康診断で引っかかってから、パッタリとタバコをやめました。

今も元気でいてくれますし、孫のためにもよかったでしょう。

もちろんタバコを吸うのは、権利でもあります。コンビニでもタバコ売っていますし。

逆に、こちらから「タバコやめて下さい。」なんて言うことも当然ながらできません。

そもそも、タバコを吸う人を否定しているわけではなく、私が苦手なだけの話です。

いろいろ考えた結果、タバコのある世界からは逃げるようにしています。

仕事の場面だってタバコから逃げている

そうは言ってても、仕事をしていてもそういう場面になることも。

カフェやレストランに入ったときに、喫煙の場所があったりすることもありますし、分煙と言ってながら、これって分煙になってないんじゃないの?と気になるところもあります。

こういった場所で打ち合わせをしていても、タバコの匂いが気になってしまい、集中できません。

なので、次はそういうところは選ばないようにするなどしています。

今後も、出会うことはあるのかもしれませんが、極力逃げるようにするでしょう。

やらないことを決めておくしかない

自分がしたくないことをするほどつらいことはありません。

そうならないように「何をやらないか?」ということは決めておくべきでしょう。

それを「やらないことリスト」にまとめています。

例えばその一部ですが、

  • 目の前でタバコをおかまいなしに吸う方と契約する
  • 経理の重要性を感じていない人と契約する(価値提供ができない)
  • 「集客」という
  • 「お金」を「金(カネ)」という
  • 24時間以内にメールを返信しない(休日を除く)
  • いつでも電話して下さいという
  • FAXして下さいという
  • グチばかりの飲み会に参加する

こういったことをやらないとするわけです。過去の失敗からもリストを積み上げていきます。

ひとりで仕事をする以上、身体を守る必要もありますし、ブレないようにすることも必要です。

それが原因で仕事を失うとしても、それはそれで仕方がありません。

やらないことを決めることで、自分を律することもできておすすめです。

やらないことリストについては、この本に書いてあります。


【編集後記】
昨日は1日オフ。PCのスキルアップやブログなど。夕方コストコに行ったらドローンが売っていてビックリしました。何でも売ってるなぁと。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
ジュエル キャンバスクリーナー

スポンサードリンク







相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。