税理士試験は明日から 本試験前日だからこそ伝えておきたいこと

スポンサードリンク




明日からいよいよ税理士試験。

税理士になった今もこの期間だけは気になるものです。

税理士試験の当日と前日

4年間、通算9科目(重複科目あり)の本試験を受験してきた経験から。

本試験会場は異質な雰囲気。

本試験会場に向かう電車の中でも乗っている人が全員受験生に見えたり、会場で座っている人が全員ツワモノに見えたり・・・。

私がまさにそんな気持ちでした。(^_^;)

で、そうなると前日も落ち着かないわけです。

何かをさわっていないと落ち着かない。「何時まで勉強をしようかなぁ。(ちなみに私は19時でした。)」とか。

でも、そんなときって自分のことがたいてい見えていないわけです。(私はそうでした。)

自分だって本試験を迎えるまでに努力をしてきています。

前日からは勉強以外にも気をつけるべきことがありますからね。そっちのことも考えるべきです。

本試験以上に気をつけるべきこと3つ

本試験で戦うための実力はきっとついてます。

その実力以上に個人的に気をつけて頂きたいのがこの3つです。

体調

何よりも体調。

実力がどれだけあっても熱がでたら、何にもならない。

明日から本試験。

焦る気持ちはわからないでもないですが。

ここまで来たら実力は付いているはず。

夜遅くまで理論を回すなんてのはやっちゃいけない。

それよりも今日は早く寝る、そして翌日は早く起きて、食事もしっかりとって本試験に向かうべきです。

交通手段

今日は雨、そして天気予報によれば明日も雨。

会場に行くまでの時間は多めにみておくべきでしょう。

到着までの時間を計算するときには、「自宅から駅+電車の時間+会場まで徒歩」の時間だけで見てしまいがち。

そこに渋滞や電車の遅れといった予定外のアクシデントを見込んでいないと、ヤバい汗をかくことに・・・。

そんな状態で実力を出せるはずもなく・・・といったことにはならないように。

気持ちを高める

3つ目はやっぱりメンタル。

受験するからには、「絶対に受かってやる!」という強い気持ちをもつべきです。

まわりの受験生が、みんなエリートに見えるかもしれませんが、自分もこれまでやってきているわけです。

隣の芝生は青い」ってやつです。

あがらない、緊張しないというのは、難しいんでしょうけど。

絶対に合格すると思い込んでおきましょう。

本試験会場でわたしをこれを頭のなかでつぶやき緊張を和らげようとしてました。

そのプレッシャーに勝てるかどうかも自分次第です。

とにかく落ち着いて

「本試験で落ち着けって一番むずかしいじゃん。」って思うんでしょうけど。

でも、落ち着かないといけないんです。

本試験で焦った結果、理論の問題文を読み間違えて・・・・って人を何人も知っています。

よく読めばわかったのに・・・ってやつです。

実力があっても、本試験ではやはり運も必要。これも本試験を経験してわかったこと。

落ち着いて、とにかく落ち着いて理論問題を読む、計算問題にあたる。

それだけで、合格に大きく近づきます。

今は将来、税理士として情報を自分発信するための武器を磨いているところ。

そのためにもまずは今日、そして明日からの本試験に集中。

1日1日を大事にしましょう。


【編集後記】
最近、気になっていたのが運動が減っていたこと。決意新たにジムに通うことにし、昨日はその申込みに。ここで宣言しておけば、続けられるんじゃないかという浅はかな考えでもあります。(笑)

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
アクトスWill大府申し込み
かぷちーの大福

スポンサードリンク