本に書いてある普通のことより自分がしてきた経験を伝えてみる

スポンサードリンク




自分の経験は自分の想像以上にネタになります。

お地蔵さんと発表しま〜す(岐阜県恵那市の博石館にて)

自分の中だけにしまっておくのはもったいないです。

 

自分の経験は自分だけの経験

これまでいろいろな経験をしてきました。

大学を卒業して、一般企業に入社して経理を中心に従事、簿記2級取得、子会社へ出向して、何も申告書をつくったことがない中、わからないなりに法人税の申告書や消費税の申告書を作成するなど決算をはじめて組んだり。

その後、会社の規模が大きくなったことで、逆に将来に不安を感じて、29歳の時に早期退職制度に手を上げて退職。

税理士試験に3年間専念。4年目に会計事務所に勤務しながら税理士試験に合格

そのあと会計事務所に5年間勤務して独立。

ブログをはじめて1年以上継続、HPを自分でつくって・・・。

自分のしてきた経験。数多くのネタのどれかで、誰かの役にたてるかもしれません。

誰一人として、まったく同じ経験をしてきている人はいないはずです。

教科書に書いてあることでなく、自分の経験や考えを伝える

自分の経験には、そんなに役に立てる内容はないと思うかもしれませんが、意外にそんなことはなかったりします。

自分がしてきた経験が実は強みになっていたりします。

わたしも最初、ブログを書き始めた頃は情報提供とは言うものの、「実際、誰かが知りたいと思ってくれるのかなぁ?」と不安を感じたりもしました。

でも、経験してきたことが実はネタになるんだと。

それをこの1年間でブログで記事を書き、読んでくれる方が増えたり、人前で話をすることで実感しました。

本に書いてあるような一般的なことを伝えようとしても、聞き手にとっては面白くありません。

自分がしてきた経験に沿って、自分なりの言葉で伝えることで聞き手にも響くし、それこそが大きな武器になるんだなぁと感じています。

ブログは伝える練習になる

伝えるためには、わかりやすく伝えるための工夫が必要です。

わたしの場合、ブログがその練習のツールになりました。

図を入れたり、表を入れたり、漢字ばかりの文章にならないようにしたりなど、毎日書くことで、少しずつ書き方にも慣れてきて伝え方も自分なりに工夫してみようとします。

自分がしてきた経験や考え方を、自分なりの言葉で伝えるというのは、書籍に載っているのような机上の話ではありません。

経験したことから学んだ具体的な話です。

だからこそ、聞き手が取り入れやすいものであり、価値があるものです。

振り返ってみれば、そういう価値のある経験、ネタがあるかもしれません。

ぜひ、それを発信してみましょう。私も自分なりに発信していきます。


【編集後記】
昨日は午後から長女(8)と今シーズン初のプールに。夜は高校のフットサル仲間との飲み会に参加して楽しみました〜。タイピングに挑戦しましたが、予想以上にできていないので、少しずつできるようになれば。(^^;;

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
AmazonPrimeでオンデマンド購入
自宅TVとMacをHDMIケーブルで接続
俺ん家 台湾とうふ
e-typing

スポンサードリンク