2年ぶりに名刺を新調してみた ネタになることを名刺に反映させよう

スポンサードリンク




先日、名刺を新調してみました。

HP用の写真を再利用して名刺を2年ぶりに新調

2年経つといろいろ変わっていることがあります。

名刺は営業ツールの1つ

名刺。

独立前に自分なりに研究をした数少ないものです。

そもそも営業は得意ではありませんが、「独立する前にいろいろ準備もしないとな〜。」と思い、たまたま読んだ書籍で見つけたのが名刺を作ること。

私自身も名刺をもらっていつも感じていたのが、「これ誰だったかな〜。」と何の仕事をしているしている人かもわからなければ、その人の顔さえも思い出せないことも。

なので、書籍にも載っていた写真入りの名刺がいいなぁと思い、それ以来、名刺をつくるときには「写真入り」。こだわっている部分です。

当時勤務していた事務所の名刺もありましたが、事務所名と名前、住所、電話番号だけの表示がある名刺でした。

いきなり写真入りの名刺にして欲しいとも言えず、まずは自分で作ってみたのです。

このブログを始めたきっかけもそうなのですが、「自分を知ってもらう。」ということが目的です。

写真入りの名刺、個人的には効果があったと感じています。

その後、勤務していた事務所でも写真入りの名刺を作っていただけました。

独立するためのマイ営業術 自分なりの営業スタイルを見つけよう

2016.08.20

独立するときにも新たに名刺を作成しました。

そして、独立後2年たった今、新しい名刺を作成することに。

時間はかかってもこだわりを優先させる

名刺を自分でつくるか、つくってもらうかですが、私はデザインのこともあり迷わずお願いしています。

最初に名刺を作り直そうと、ネットで検索してお願いをしたのが、6月23日。

もともとあるデザインのものではなく、オリジナルのものでの作成をお願いしました。

写真はHP制作のために撮影したものを提出。

せっかくですからHPで一度だけでなく、2度、3度と使います。統一感も出るかと思いますし。

最初に提案いただいた名刺がとても納得できるものではなく、修正をお願いしました。

その後、名刺の表裏に記載する内容などについて、何度かやりとりをして手元に冒頭の名刺が届きました。

こだわりがあったので時間はかかったのですが、いい感じに名刺ができあがりました。名刺屋さんには感謝です。

2年でいろいろ変わったこともある 名刺に反映させよう

名刺に何の情報を入れるかというのも重要な部分。

私の場合であれば、前述の写真はもちろん、裏面にはざっくり何ができるか、プロフィールを載せています。

あと、前回の名刺と大きくかえたところもあります。

それがブログやHP、Twitterの情報を記載したこと。

独立した当初は、このいずれもやっていませんでした。

名刺にはネタになることを入れておくということであれば、何よりもネタになることです。

特にフリーランスであれば、定期的に名刺を見直してみることもおすすめです。


【編集後記】
昨日は午後からお客様訪問。月次の損益状況やキャッシュフロー、税金見込みなどを確認しました。前期よりよくなっていて決算が楽しみです。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
スタバ キーライム クリーム & ヨーグルト フラペチーノ
亀屋芳広 チーズケーキ
新しい名刺

スポンサードリンク