独立前と独立後で変わることはいろいろ 常に変化はあると思ったほうがいい

スポンサードリンク




独立前と独立後で変わったこといろいろあります。

独立後の環境はそのときどきで大きく変わるもの。そう思っていたほうがいいです。

独立するまでわからなかった独立後の世界

独立したのが平成27年6月1日なので、もうすぐ独立して2年が経過しようとしています。

見る人によっては、たった2年なのかもしれませんが、フリーランスが2年食べていくとなればそれなりの努力も必要です。

それだけにゼロから独立した方は、本当にすごいと思います。

実際、独立する前には、独立後にどうなっているのか、わからなかったことのほうが多いです。

既成概念を変えること

会計事務所に勤務してから独立したのですが、独立前に事務所で経験したことが、実務の基礎になっています。

いろいろ変えていくことも必要です。

電話

勤務時代は事務所に質問の電話を始め、たくさんの電話がかかってきていました。

それに回答をして顧客獲得につながると思っていましたが、どれだけ回答したらどのくらいの顧客が増えるかはわかりません。

むしろ確実に電話には時間を要します。

独立した今も固定電話は置いていますが、これも既成概念でしょう。お客様からかかってくることはあまりないので、なくすことを検討しています。

FAX

FAXは独立前でも独立後でも大きく変わるものではありません。

お客様との資料のやり取りで使うこともありましたが、独立後にはDropboxを使うことが多くなりました。

FAXで届くのは、営業のFAXと税理士会くらいです。これもなくすことを検討しています。

仕事の開始時間

独立前は普通に始業時間の9時に始めていた仕事が、独立後は遅くても7時台には仕事をするようになりました。

仕事の終わりの時間も独立後は特別なことがなければ18時30分としています。

今年の確定申告の時期も残業はしていませんでした。

健康管理

健康診断は独立前からやっていたものの。独立後は自分になにかあったら困るので、気になる点があれば、すぐにチェックしに行きます。

同じように健康診断を受診していても、独立前とは意識は違います。

意思決定

独立前と独立後に大きく変わった点です。

好きなセミナーに参加する、ブログをやる。独立していなかったら、これらは確実になかったでしょう。

売上の請求方法や回収管理、ひとりでやるといったことも同様です。

 

他にもたくさんのことがありますが、振り返ると独立前と変わっている点は少なくないと感じます。

独立は終わりでなく始まり

独立志望の方は、独立するのに迷いや不安はあると思います。私もありましたし、今も少なからずあります。

ただ、実際は独立してから変わることも多いです。

お客様や自分の周りにいる人も変わっていくこともあります。別れもあれば出会いもあります。

ただ、それは否定するべきことではなく、循環も必要なことだと考えています。

私もこの約2年という期間で、いろいろな変化を経験、体感しています。

【編集後記】
昨日はとあるものが自宅に届きました。これから使っていって慣れたら、またネタにしてみます。


スポンサードリンク