0を1にするための行動をする 1を2にするために習慣化する

スポンサードリンク




0を1にすることの効果は大きいです。

これまで抱っこしていないと泣いてカットできなかった長男(2)。初めて普通にカットしてもらえて0から1に。

0を1にするための行動を

やってみたいことがあるけど、「やったことがないから・・・」と尻込みしてしまうことはよくあります。

でもやったことがないのは、最初は誰でも同じです。

やったことがないから、できないでは、そこに成長はないことになります。

0を1にするための行動をしてみましょう。

やってみたいのであれば、まずはそのことに触れてみること。

触れてみることで、スタートに立つことができます。

あとは定期的に触れていれば、慣れてくるでしょう。

スマホがいい例です。

昔はスマホがありませんでした。今はスマホがスタンダードになっています。

私は初めてiPhoneを買ったとき、嬉しくて夜遅くまでずっと触っていたのを覚えています。

だから使い慣れるのも早かったです。これは多くの人が感じることでしょう。

「触ったことがないから」といえば、iPhoneをいつまでも使いこなすことはできません。

触ったことがないからこそ、実際に触れてみて、感じることは多く、自分の視野もグッと広がったと感じることができます。

最初は時間がかかるので大変ですが、まずは、はじめの一歩が大事です。

やりたいことを見つける

0を1にするために必要なこととしては、興味の持てることを見つけることです。

目的がなければ、0を1にするための行動ができませんし、興味がなければ、0を1にするための行動をする気持ちにもなりません。

視野を広げたいなら、まずはやりたいことを見つけてみる。

やりたいことでなければ、継続することも難しいでしょう。

私もブログは継続したいという思いがあるから継続できています。

1を2にするために継続する

一度経験したことでも、時間が空いてしまうと忘れてしまいます。

例えば、私がこのブログを始めたときも0から1にする行動をしました。

その結果、この300を超える記事を集約したブログをつくることができています。

もし更新を毎月1回にしていたら、

  • 記事は年間で12記事。考える時間が大幅に減る
  • ブログが検索で見つけられず、見てくれる人がほとんどいない
  • ブログの設定変更や記事の書き方も忘れる
  • ITスキルのアップの速度は圧倒的に遅くなる

といったことに、きっとなっていたことでしょう。

今は当たり前にできていることができなくなるということです。

せめて、0を1にしたあとは、1を2にするためにできるだけ触れるようにして習慣化しましょう。

私も1を2にして、3にするためにこのブログは毎日継続していますし、最近ではExcelマクロの記述をスケジュールに組み入れて、毎日書いています。

3ヶ月継続できたら習慣化されると言われています。

マクロで書けることはほんのわずかで、今のところ毎日同じような内容を書いていますが、「毎日触れている」という事実を大事にしています。

どちらも初めてやってみたときは、よくわかっていない中で、ただ手を動かしているだけという感じでしたが、日々繰り返すことで少しずつ見えてきます。

いきなり1を10にすることは難しく、0を1にし、1を2にして、3にしていくためには習慣化は必要なことです。

完璧を目指さず、日々繰り返して、少しずつ少しずつパワーアップすることを目指しましょう。

せっかく0を1にしたのであれば、自分のスキルにするためにも、1を2にするためのちいさな事実を積み重ね、それを繰り返すことはおすすめです。

【編集後記】
昨日は事務所で法人の月次処理を。私自身も0を1にすることにいくつか挑戦しており、視野が広がったと感じています。体感してみて今日の記事にしてみました。(^^)

スポンサードリンク







相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。