つけ麺・ラーメン五十五番の戦略 原価をあえて上げてみる!

スポンサードリンク




よく行くラーメン屋五十五番。

気に入っているお店の1つです。

つけ麺・ラーメン五十五番

高浜市にあるつけ麺・ラーメンの店、五十五番。

仕事場からもわりと近く、昼食でもよく行くラーメン屋です。

このお店は味も美味しくサービスもいいのですが、私が気に入っているのは工夫して個性を出している点。

店内に入って、上を見れば、こんな感じの書き込みもあって、

レンゲでグルグル、グーグル、ゲルググ・・・

結構、お店のセンスも出ていると思うんですよね。^^;

読みたくなります。首を上に向けずにはいられません。

ぞうすいはご飯と卵がサービスで置いてあるので、ラーメンやまぜそばを注文すれば誰でも食べることができます。

まぁ、私はそこに行きつく前に、お腹いっぱいになるので、ぞうすいやったことないのですが。

で、お店のおすすめが台湾まぜそば。

台湾ラーメンとかって、名古屋圏独特のメニューらしいのですが、たいてい唐辛子が入っていて辛いラーメンです。これはそのまぜそばです。

このお店の台湾まぜそばは、そんなに辛くありません。(たぶん・・・、個人差ありますが。)

台湾まぜそばを注文

その台湾まぜそばを注文してみました。にんにくは抜くこともできます。

ちなみに私は抜きにしています。抜きにしても、いつも食べ終わると何故かにんにく感があるのですが・・・。

人と会わないときに食べたほうがいいかもしれません。

彩りもいい感じで美味しそうです。

こういったエプロンもリクエストすればいただけます。気遣いはさすがです。

このラーメンをまぜて、麺にからめていただきます。

このお店では、ラーメンやつけ麺を注文すると、ご飯や、

玉子がサービスで付いてきます。(食べなくても大丈夫です。)

私はお腹いっぱいになるので、普段は食べないのですが、これもネタのためです。

参考までにつけ麺でなく、おすすめラーメンは高浜二郎という二郎系で、こういったラーメンです。

原価を上げるという戦略もあり

ラーメンの値段も種類も豊富で、ガールメニューまで用意されています。

こんな感じで、ラーメンを注文すれば、ご飯や玉子を付けることもできて、お店側にしてみれば原価は上がるわけです。

でもラーメンはすごく高いというわけでもなく、だいたい800円から1,200円くらいで通常の値段です。

ただ、それでも昼に行くとお客様はたくさんきています。

かんたんな数字で考えてみると、当然ながらご飯と玉子がつくと粗利益は下がるわけです。(金額はすべて仮定)

となると、右のケースで左と同じだけの粗利益を稼ごうと思ったら、売上単価を上げるか、顧客によりたくさんきてもらうかなどといった戦略を検討する必要があります。

原価を増やしても、単価を少し上げているかもしれません。

950円の値付けができれば、今まで以上に粗利益を出すことができますし、

売上単価を変えていないとしたら、何人に来てもらう必要があるのか。

ゴールシークを使って計算してみると、

53.38人→54人、つまりこれまでより4人の方に多く来てもらう必要があります。

お店に行ったときには、職業柄もあるのか、こういったことを考えたりします。

でもこういった採算計算がわかると、数字も面白いものになります。

最後にお店の情報を載せておきます。

 

【編集後記】
昨日で確定申告もほぼ終了。久しぶりに音楽LIVEのブルーレイを購入しました。また見るのが楽しみです。


スポンサードリンク