ドローン初体験レポート! 迫力満点!予想を超える興奮!ひとりではできなかった体験

スポンサードリンク




先日、ドローンを初体験しました。

そのインパクトは自分の予想を遥かに超えるものでした。

大府市周辺はドローンが飛ばせる地域

先日、ドローンを初めて体験しました。

もちろん私が買ったわけではなく、井ノ上さんが名古屋に見えたときに体験させて頂きました。

というのも私の住んでいる大府市周辺にドローンの飛行が可能なエリアがあったからです。

ドローンは国交省のHPでもガイドラインが掲載されていて、人口が集中している地区、150m以上の高さでは飛ばすことができないことになっています。

で、わが町大府市はどうかというと、これが大府市周辺の地図なのですが、

赤い箇所はドローンの飛行ができない場所。

見ていただくとわかるのですが、大府周辺は結構オッケーな場所があるのです。

例えば、私の自宅はNGエリアになりますが、すぐ横はオッケーな場所なのです。

人口はある程度いるのですが・・・(笑)、まぁ赤色でない箇所はだいたい田とかかなり広いスペースがあるところですね。

皆さんのエリアを確認するならこの地図を見て頂ければわかります。

ドローンのここが凄かった!

こんなことを言うと、ドローンマニアの人に怒られるかもしれませんが、最初はラジコンと同じようなものかな~という考えでした。

でも、この考えは結構早めに覆されました。

私が体験したドローンの機能は少しですが、次のようなものです。

ドローンだけでなくリモコンもハイテク!

ドローンを操作するリモコンにまず驚きました。

このようにスマホに接続して、スマホの画面で地図を見るのです。

そしてドローンはこういったものです。

今回操作させて頂いたのは、このドローンです。

高度が凄かった!

この写真だと上がり始めなので、わかりにくいかもしれませんが、とにかくすごく高さまであがったという印象。

実際150mの高さ制限があるのですが、それでも上を見ていてもどこに行ったか、何度も見失いました。(笑)

ボタン1つで、もとの場所に帰還する機能にも驚きです。

高性能カメラは広範囲で撮影

カメラの性能も高く、かなりの広範囲を撮影することができます。

わたしたちもこんな感じで撮影されていました。豆粒くらいの大きさでも確実に捉えています。

追跡機能に追われて

私がおどろいたことの1つがこの追跡機能です。

井ノ上さんの操縦するドローンに追跡されて、逃げ回る私に、ドローンがふらのの松山くんばりの密着マーク、

ついに崖っぷちまで追い詰められました。

このままでは川に落ちそうです。(笑)

ときには違った環境で違った景色も見てみる

自分ひとりの世界にいたらやることがなかったかもしれないドローン。

今回、ドローンを体験することで、いろんな世界が見えました。

いつも普通に生活していたら、平面的にしかなかなか見ることができない街の景色。

これは隣の市である東海市の新日鉄の工場周辺の景色ですが、ドローンでなければ見ることができなかった景色です。

自分ひとりでは感じることができなかった世界もみることができましたし、景色を見て感じることもありました。

ドローンのイメージ、関心も体験する前と体験した後では、違ったものにもなっています。

ひとりではわからない世界も他の方を通して経験させてもらう、刺激をもらうことも、大事なことだと感じています。

いい経験をさせて頂き井ノ上さんに感謝です。^_^

 

【編集後記】
昨日は午後からお客様と確定申告の打ち合わせ、対策など。このドローン体験をどうアウトプットするかを考えていましたが、ようやく記事にできました。^^;


スポンサードリンク