Microsoft EdgeやIEで日本語入力ができなくなった場合の対処方法

スポンサードリンク




Microsoft EdgeやIEで日本語入力が何故かできなくなりました。

その対処法を探ってみました。鍵はGoogle日本語入力が握っていました。

いつからか日本語入力ができなくなった

普段はほとんど、Cromeを使っているのですが、利用するソフトの中には、Internet Explorerでないと使えないものもあります。

例えば、e-taxのweb版などがそうです。

そういったときにMicrosoft EdgeやIEを使うのですが、何故か日本語入力ができなくなったのです。

かなと入力しても、表示されるのは「kana」というアルファベットになってしまうのです。

同じことをCromeでやってみると、普通に「かな」と表示されるのにです。

Windows10だと左下のCortanaで入力してみても、やはり「kana」となってしまうのです。

自分では原因がわからず、困ったときのGoogleです。

検索すれば、たいていのことは何かわかります。

まず、知りたかったのは、同じような状況になっている人がいるのかどうか。

検索してみると、やはり同じようなトラブルにあっている人がいるようでした。

Google日本語入力をアンインストール→再インストールで対処

やってみたのは、Google日本語入力をアンインストールして、また再インストールしてみるということ。

これによって復旧させることができました。

ただし、その間にいくつかの操作が必要になります。

まずは、ユーザー辞書などがあれば、忘れずに保存をしておきましょう。

その上で次のような操作をしました。

Google日本語入力をアンインストール

Google日本語入力は、入力が便利で結構気に入っていたのですが、

一度アンインストールすることに。

Windows10であれば、歯車のマークからアプリと機能をクリックし、Google日本語入力をアンインストールします。

Program Files→Googleフォルダへ

(C:)ドライブからProgram Filesをクリックし、Googleのフォルダを右クリックし、プロパティをクリック。

そこからセキュリティのタブをクリックします。

アクセス許可を変更したいため、編集をクリックし、追加をクリックします。

「選択するオブジェクト名を入力してください」の欄に「ALL APPLICATION PACKAGES」と入力してOKをクリック。

「ALL APPLICATION PACKAGES」が追加されました。

再度、Google日本語入力をインストール

そこまでできたら、改めてGoogle日本語入力を再インストールしてみましょう。

そうすると、元通りに日本語入力ができるようになりました。

自分で調べるチカラをつけてみる でも情報の選別は必要

自分ひとりの知識ではわからないことも、ネットや書籍を調べると、たいていのことは見えてきます。

この自分で調べてみるということも、自分のチカラをつけるためには必要な要素です。

自分ではわかっているつもりだったことでも、調べてみると勘違いしていたこともあったりします。^^;

特にITに関しては、ネットの情報でも参考になるものが多いです。

でもネットの情報でも選別が必要なものもあります。

例えば、税金のネタなんかは、本当にそれが正しいのかわからないものもあります。

古すぎて、今に合っていなかったり、そもそも間違っている情報もあったりします。

その情報を選ぶというスキルも磨いていくべきでしょう。

私も情報は鮮度がよく、質が高いものを選ぶようにしています。

 

【編集後記】
昨日は1日オフ。のはずでしたが、自分の帳簿を少し見直ししていました。久しぶりにそのまま1日家でゆっくりしていました。

スポンサードリンク







相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。