自分が学んでみたいことを見つける 音声で学んでみるのもオススメ

スポンサードリンク




学んでみたいと思うことをどうやって学ぶか。

音声教材やDVD教材で学んでみることもオススメです。

学んでみたいという意識をもつ

フリーランスは自分の価値を上げていく必要があります。

なので、税金のことだけでなく、ITのこと、話し方のこと、その他にもいろいろな情報を吸収して、それを体現して、自分のものにしていく必要があります。

これからも学んでいくことは欠かせず、今でも「あれがやりたい。」といったことはたくさんあります。「あれがやれていないから、やらないと・・・」ということもたくさんありますが・・・。^^;

そういった気持ちを持てるっていいことだなぁと時々思ったりします。

学びたいと思うことがあれば、それが目的になり、行動にもつながります。

自分のものにするには、それなりに時間がかかることですが、時間をかけていい部分もあると思います。

いきなり完璧を目指さなくても、何かやれていることがあれば、その事実に自信をもってプラス志向でいた方が、学びのモチベーションも上がります。

学べる材料は今や山ほどある 耳を使って学ぶのもおすすめ

一般的にはセミナーに参加してみたり、本を買って読んでみたりというのが一般的でしょうか。

もちろん、私も色んなセミナーに参加したり、本を喫茶店や電車の中、待ち合わせ場所で本を読んだりします。

Kindleで読んだりすることもあります。

これにプラスして、DVDの教材を買ってみたり、音声教材を買ってみたりということをしています。

名古屋は車社会です。お客様のところにいくのに、車で移動することも多く、運転中はさすがに本を読むことができません。

そういったときに音声での学びは、効果的です。

移動中は主に耳で聞くことになりますが、それ以外の場所では、目や手だけでなく、耳も使うことになるためDVDなどの教材はさらにオススメです。

音声教材やDVD教材にあるテーマ以外に学べること

音声教材やDVD教材などで学んでみて、感じることは、内容以外にも学べることがあるということです。

例えば、講師の方がどういった話し方をしているか、進め方をしているか。

ある内容をわかりやすく伝えるのに、なにを引用しているかといったようなことです。

本では感じることのできない雰囲気も映像や声で味わうこともできます。

自分の見たいところを何度も繰り返し見ることができるのも、音声教材やDVD教材の特徴です。

学んでみたいと思えるものがあれば、セミナーや書籍はもちろんですが、音声教材で学んでみることもおすすめです。

【編集後記】
昨日は午前中にお客様を訪問し、その移動中に音声教材を聞いていました。そこで感じた内容をネタにしてみました。


スポンサードリンク




相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。