ブログを書くことの意味を見つめ直す ブレないためにその時の心境を書き出す

スポンサードリンク




昨日でブログは120日目でした。

unnamed

ブログを毎日書くことはそれなりに大変です。

120記事書いてみてもブログを書くのは楽にならない

ブログを始めた当初、ブログを続けることができれば、慣れてきてネタがどんどん沸いてきて、ブログを書くことも最初よりは楽になるかな~と思っていました。

ところがこれは全くの見込み違いでした。

ネタを毎日考えるのは正直キツイです。^^;

書く時間こそ減りましたが、ネタを生むことにはいまだに苦労しています。

ネタを思いついても書き終わるまでには2~3時間はかかります。

「読まれると思った記事が、思ったより読まれない」ことや、「読まれないと思った記事が、思ったより読まれる」なんてことも普通にあります。

どういった記事が好まれるのかといったこともまだわかっていません。

ネタを生むには新たな行動、インプットは欠かせない

ネタも毎日書くので、ネタが生まれても毎日どんどん出荷していきます。

ストックを貯めておく余裕はありません。毎日朝から考えています。

自分がネタがあることに気づいていないとか、「こんなのはみんな知っているだろうな。」と切り捨ててしまっていることもあります。

でも、自分の常識は他人の常識でないということがわかってからは、ネタにしています。

 

新たなネタを生むには、生むための行動も欠かせません。

コストコに初めて行ってきました。全国に結構たくさんあるみたいですね。これまでもコストコの食材は食べたことがありましたけど、私は実際に行ったのは今回が初めてで...

 

自分が興味をもったことをインプットして、順番に記事にしてアウトプットしていき、循環させないと次のネタも生まれません。

経験がネタになるという意味で考えれば、ネタを生むための行動したり、自己投資をする習慣もできます。

ブログはそのツールとしても活用できます。

ブレないために記事にして自分を見つめ直す

毎日ブログを書くことを続けているのは、ブログを書き続けることで自分が変わっていることを感じられるからです。

・ このネット社会の中で自分なりに考えたこと、経験を伝えることができる

・ 自分のブログを見てくれる人がいる

・ ブログをやっていることを伝えていないのに見つけてもらえた

・ ブログを書く時間が必要となるため、時間の使い方を意識するようになった

・ ブログを通じて、仕事に幅をもたせることができた。やりたいことを見つけられる。

・ ブログを通じてコミュニケーションもできる

・ 学んだことをアウトプットする場所として効果大

毎日更新はネタの面で確かに苦しいのですが、こういった効果も得られているので、続けることの必要性もを感じています。

最初に自分が決めたことを続けることは簡単ではありません。

時間が経つと苦しいのがクローズアップされてしまうので、「何のために」、「なぜ」という初心も少しずつ忘れてしまいます。(私の場合には特に)

だからこそ、ブレないようにブログの記事に書き出せば、自分自身の感情も整理され、必要性を再認識して、また走り出すこともできます。

記事のアクセスも気にはなるところですが、それを「今日は多いな」「今日は少ないな」と気にしてばかりいても仕方ありません。

大事なのは自分の意見や思考を定期的に見てくれる人がいるということ。自分にとってはブログをやり始める前から考えたら革命的なことです。

慣れてくれば、成長してくれば、ついつい欲が高くなりますが、それが当たり前になると苦しくなることもあります。

ときにはスタートラインを振り返ることの必要性も感じます。

 

【編集後記】
昨日は事務所で通常業務をしていましたが、午後、大雨による避難警報が出たので、急いで家に帰りました。なんとか無事に帰れてよかったです。


スポンサードリンク